スポンサードリンク

飲む育毛剤プロペシア「フィナステリド」

薄毛(男性型脱毛症)を引き起こし、発毛を困難にすると言われる
ジヒドロテストステロン(DHT)


この原因酵素「DHT」は「5α-リダクターゼ」によって作られてしまいます。


今まで育毛効果が現れなかった方はこの原因の改善が重要です。



この「5αリダクターゼ」に高い抑制効果を示し、頭皮における
ジヒドロテストステロン(DHT)の局所濃度を低下させる効果があると
言われているのが、飲む育毛剤として有名なプロペシア(主成分:フィナステリド)です。


実際に血中のジヒドロテストステロン(DHT)を60%以上も減少させ、
抜け毛薄毛進行の停止、髪の毛の増加などの育毛効果も報告されています。


実はプロペシアの有効成分である「フィナステリド」は元々は育毛薄毛防止
薬剤ではありません。

フィナステリドは前立腺肥大症の治療薬として米国で開発されたものなのです。


試験的に服用した被験者に薄毛進行の停止や育毛・発毛効果のあることが
偶然見つかり、一錠あたりの「フィナステリド」含有量を1/5程度に減らす事で、
米国FDAに飲む育毛剤として認可されたのが飲む育毛剤プロペシアなのです。


しかし、医薬品ですので服用には医師の診断・処方箋が必要となります。

また、薬価基準未収載薬ですので保険給付の対象外です。

全額自費購入という事になりますから、従来の育毛剤に比べると、
高額に感じるかもしれません。


気軽に試せるサプリメントタイプではファイブ・アルファー・アールと
いうサプリメントがプロペシアと同じように「5α-リダクターゼ」を
抑えてくれます。


ファイブ。アルファ・アールは当サイトからも多数の購入者が
おられます。


プロペシアを試してみていけれど・・・という方は
ファイブ・アルファ・アールをお勧めします。

5R-リダクターゼを抑制!5α-R(ファイブ・アルファ・アール)



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/40249265
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。