スポンサードリンク

AGAについてカテゴリの記事一覧

AGAの対策法

AGAエージーエー)という言葉や文字、最近目や耳にすることが多くなりました。


AGAとは男性型脱毛症のことを指します。
今回そのAGA「男性型脱毛症」の原因と対策について
解説致します。


抜け毛が増えていき、薄毛が進行てしまうのはジヒドロテストロン(DHT)の
あらゆる悪影響を受けてしまうことが最大の問題です。


※ジヒドロテストステロン(DHT)とは、元々は頭部に多く存在する5αリダクターゼという
還元酵素です。それが変化したジヒドロテストステロン(DHT)になります。
DHTは通常の男性ホルモンの5倍以上の力で発毛を阻害する強力なホルモンです。




そのDHTの悪影響を防ぐためには、いろいろな薄毛対策が必要
になってきます。


薄毛を改善する為にはDHTの作用の影響を受けないように
しなくてはなりません。


育毛の成功には出来るだけDHTの悪影響をうけなくする事が
必要不可欠なのです。

   

ではAGA男性型脱毛症」の対策とは?


『5αリダクターゼ(酵素)を抑制して、出来るだけ強力で高濃度
な男性ホルモンDHTに変換させない事』

これにつきます!


ハゲになってしまう元凶の男性ホルモンDHTに変換されなければ、
DHTが無いのだからDHTの悪影響も受けることもないのです。


当サイトで5αリダクターゼの抑制の大切さを再三お書きしているのは
上記の理由からです。


『5αリダクターゼを抑制する』ヘアメディカル・ファイブ・アルファ・アール!

AGAとは?

AGAとは、Androgenetic Alopeciaの略で「男性型脱毛症」
ことをいいます。


要するに成人男性によく見られる、髪の毛が薄くなってしまう

状態のことです。


AGAの症状は思春期以降に頭のてっぺんの髪や額の生え際が、

どちらか一方、または両方から薄くなってしまいます。



AGA「男性型脱毛症」は、男性ホルモンの影響や遺伝的要素などが

主な原因として考えられています。


中でも男性ホルモンがAGAに大きく影響しているという説が有力です。


テレビのコマーシャルですと、薄毛イコールすぐに病院
と言う感じに受け止められると思いますが、あれはあくまでも宣伝です。


ですので、AGA「男性型脱毛症」又は、抜け毛が増えてきたからと
言って、すぐに病院と「いう考え方も危険です。

AGAの治療でまず一番有名なのが、飲む発毛剤プロペシア(フィナステリド)

ですが、プロペシアの服用には現在医師の診断と処方箋がいります。


通販で購入出来るプロペシアと同様の作用をする商品もあります。

髪の先生が開発した臨床医学から開発された5αリダクターゼを抑性する
飲むサプリメントですので、無理なく薄毛の原因を抑性できます。

臨床医学から誕生したファイブ・アルファー・アールです!



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。