スポンサードリンク

薄毛の原因を知り改善する

昔から毛深いい人はハゲると言われます。

これは男性ホルモンが原因で薄毛になるという事の
意味からきているのです。

男性ホルモンが多い=体毛が濃いという図式から
上記のように言われています。

正確には身体の中にある酵素(5αリダクターゼ)が
男性ホルモンと結合してしまい、DHTというより協力な
薄毛を進行させるホルモンが薄毛の原因です。


アメリカのハミルトン博士により行われた
興味深い実験結果があります。

この結果は男性型脱毛症の原因を解明する原点になる重要な
結果です。


@ 思春期またはハゲる前に睾丸を摘出され男性ホルモンを作り出せなく
なった男性はハゲになることはない。
又はハゲ進行中の人の睾丸を摘出すると、ハゲはそれ以上進行しない。

Aハゲ進行中に去勢され、進行が止まっていた人に男性ホルモンを注射すると、
再び薄毛になり始める。

Bもともとハゲていなかった男性は、去勢されたあと男性ホルモンを
注射してもハゲない。


@の結果から分かる事は、男性ホルモンを作り出さなければ、
薄毛にならない。又は薄毛の進行を止められるということ。

Aの結果から分かる事は、もともとハゲる人は男性ホルモンがあると薄毛になる。
無ければ薄毛の進行は止まる。

Bの結果から分かる事は、ハゲない人は男性ホルモンが多くても
薄毛にならない。


※以上のことで重要なことは男性ホルモン1を抑制できれば、最低でも
薄毛の進行はくい止められるということです。


体に男性ホルモンが無ければ、薄毛は進行しませんがそれは無理です。


ではどのようにすれば良いのかですが、毛乳頭や皮脂腺の酵素

5αリゼクターゼが薄毛を進行させる悪玉男性ホルモン「DHT」に変換されて

しまう前に抑制することが一番効果的方法な方法なのっです。


5αリゼクターゼを抑制するファイブ・アルファ・アール

薄毛が進行してしまう最大の原因

薄毛になる原因を明らかにしていきましょう!

このサイトでも何度も解説していることですが、男性ホルモンは
5αリダクターゼによって、デヒドロテストステロン(DHT)という、
より強力な、活性化された男性ホルモンに変換されます。


そしてこのDHTが、毛乳頭内の男性ホルモンと結合する事により、
毛乳頭や毛母細胞へ「毛髪を生やすな!」と脱毛因子が発毛を
阻害する指令を出します。


脱毛因子の指令により、細胞が活性化されない状況が
続いていき、毛髪が充分に作られない状況が続くと、髪の毛が
細く弱くなり、強く成長する前に髪が抜け落ちます。


現在のところ 男性ホルモンをいかにDHTに変換させないようにするかが
重要ではないかという説が有力であり、DHTに変換されなければAGAの
改善も可能です。


プロペシアは数年前より日本での販売が許可されましたが、
プロペシアの効果も男性ホルモン5αリダクターゼがDHTに変換される前に
食い止めることなのです。


水道橋博士育毛の効果を高めるためにプロペシアを服用していたことが
あると、著書でも書いておりますが、継続服用はしていないようです。

博士の異常な健康

プロペシアは医薬品ですので、服用には医師の診断と処方箋が必要です。

水道橋博士のような忙しい芸能人やビジネスマンには、中々時間を
作るのが難しいと思います。


5αリダクターゼがDHTに変換されるのを抑性するのは何も
プロペシアだけではありません。


髪の専門医が開発した「ファイブ・アルファ・アール」を一度試してみては
いかがでしょうか?

当サイトからの購入者も大変多い優れものです。

【抜け毛予防】と【髪の成長】

飲むヘアケア・サプリD


ハゲる最大の原因と薄毛対策に要

薄毛の最大の原因と言われている5α-リダクターゼですが、

何故「5α-リダクターゼ」が抜け毛の原因をつくり、薄毛を進行させる
のかをお教えします。



少し小難しい内容かも知れませんが、薄毛対策上「5α-リダクターゼ」の話はさけては通れない話ですので、是非
お読み下さい。


男性ホルモン、アンドロゲンの中の一種である「テストステロン」は
前立腺や毛包などに存在する「5α-リダクターゼ」という還元酵素に
よって「ジヒドロテストステロン(DHT)」に変換されるのです。


この(DHT)が危ないのです


テストステロンとDHTを比べると毛根を萎縮させる力は
DHTのほうが10〜100倍あるといわれています。


ですから「5α-リダクターゼ」DHTに変換されてしまう前に
くいとめなければ薄毛の改善は難しいのです。


育毛剤の効果が現れてきて発毛してきたとしても、
「5α-リダクターゼ」DHTに変換され続けていては、
いたちごっこになってしまうのです。


「ヘアメディカル・ファイブ・アルファ・アール」 は、抜け毛の原因である、
この「5α-リダクターゼ」の活性を抑制する生薬エキスを配合した
日本初の臨床医学から開発された飲む抜け毛予防サプリメントです。


ファイブ・アルファ・アール

薄毛になる最大の原因

薄毛の最大の原因と言われている5α-リダクターゼ

何故「5α-リダクターゼ」が抜け毛の原因をつくり、薄毛を進行させる
のかをお書きします。



少し難しい内容かも知れませんが、育毛を成功させる為には、
「5α-リダクターゼ」の話はさけては通れない話ですので、是非
お読み下さい。


男性ホルモン、アンドロゲンの中の一種である「テストステロン」は
前立腺や毛包などに存在する「5α-リダクターゼ」という還元酵素に
よって「ジヒドロテストステロン(DHT)」に変換されるのです。


これが(DHT)たちが悪いのです。


テストステロンとDHTを比べると毛根を萎縮させる力は
DHTのほうが10〜100倍あるといわれています。


ですから「5α-リダクターゼ」DHTに変換されてしまう前に
くいとめることが出来なければ薄毛の改善は難しいのです。


育毛剤の効果が現れてきて発毛してきたとしても、
「5α-リダクターゼ」DHTに変換され続けていては、
いたちごっこになってしまうのです。


「ヘアメディカル・ファイブ・アルファ・アール」 は、抜け毛の原因である、
この「5α-リダクターゼ」の活性を抑制する生薬エキスを配合した
日本初の臨床医学から開発された飲む抜け毛予防サプリメントです。

5R-リダクターゼを抑制!5α-R(ファイブ・アルファ・アール)



薄毛対策の要「5αリダクターゼ」の抑制方法

DHTを抑制するために、女性ホルモンを使用したり、
直接男性ホルモンを抑制していじる事は、
体にとってよいことではありません。

DHTとはジヒドロテストステロンという発毛を
阻害するホルモンの略です。


薄毛の最大の問題は、5α-リダクターゼがより強力で高濃度な
男性ホルモンDHTに変換されてしまうことです。


5α-リダクターゼDHTに変換されるのを、くいとめればよいわけです。


ポイントは男性ホルモンを直接抑制せずに、5α-リダクターゼ(酵素)を

抑制すればより安全に薄毛抜け毛の最大の敵の男性ホルモンDHT

防ぐことが出来きます。



このサイトの基本コンセプトは、身体に害がなく安全な育毛発毛法です。


育毛が成功しても、身体が悪くなってしまっては本末転倒です。


健康に回復してこそ発毛した喜びが味わえるのです。


5αリダクターゼ(酵素)を抑制してくれるもので、有名なのは
プロペシアフィナステロイド)経口タイプの育毛発毛医薬品です。


U型5α-リダクターゼの働 きをブロックする効果が期待出来ます。

しかしプロペシアは少数ではありますが、副作用の報告もあります
ので、当サイトではお勧め出来ません。


ではどのようにして、5α-リダクターゼの働 きをブロックして、薄毛の原因
DHTに変換されてしまうのを防げばよいかなのですが、当サイトでは
「ファイブ・アルファ・アール」というサプリメントをお勧めしております。


理由は、飲む発毛剤プロペシアのような副作用の心配がないことと、
髪の専門ドクターが臨床医学の観点から開発しているということです。


現段階ではこのファイブ・アルファ・アールが5α-リダクターゼを抑制出来る
もので一番安全に抑制できるのであると思います。


AGA(男型脱毛症)5α-リダクターゼをうまく抑制することは最も大切であり、

育毛成功させるための基本中の基本です。

    
これを、実施しないと男性型脱毛症の根本原因の解消は難しいでしょう!


5α-Rを抑制する日本初!ファイブ・アルファ・アール

薄毛対策の要5αリダクターゼの抑制

男性型脱毛症はすべての脱毛の中でも、若ハゲ・薄毛の
95%を占めるといわれています。

最近では男性型脱毛症AGAとよび、テレビコマーシャルでもよくみかけます。




男性の薄毛の場合はほとんどこれに属します。


若ハゲ薄毛原因であるにっくき5α-リダクターゼという還元酵素に

よってAGA(男性型脱毛症)の最大の原因である男性ホルモンDHT

うまれてしまいます。


これを抑制しなければ、抜け毛を減らして発毛することは困難です。

                    
5α-リダクターゼ(酵素)はT型とU型が存在します。


一般的にはT型5α-リダクターゼは、脂性肌の人が多く、

にきびや吹き出物が出来やすいタイプの人です。

毛根にも皮脂腺が多く存在します。!



U型5α-リダクターゼは体毛や髭の濃いタイプの人です。



いずれにせよ、憎き5R-リダクターゼを抑制するものは、薄毛を制します。



5α-Rを抑制する日本初!ファイブ・アルファ・アール

薄毛になる男性ホルモンの正体・・

薄毛最大の原因と言われるDHT

育毛発毛を語る上で絶対はずせない要素と言えば
DHT(ジヒドロテストステロン)です。


これは非常に強力な男性ホルモンで、髪の毛を作る
ことを辞めさせる指令を出します。



DHTとは5αリダクターゼによってテストステロンが変換された、
非常に強力な脱毛作用のある活性型男性ホルモンのことです。


DHTが皮脂腺の受容体と結びつくと皮脂が過剰に分泌されて、
毛穴を詰らせ、髪の毛の成長を妨げ、 毛乳頭の受容体に結びつくと、
髪の毛が十分に成長する前に抜けてしまうために、ヘアサイクルが乱れ
やがて髪の毛は失われていきます。



上記の理由でいかにDHTが怖いかが分ります。




DHTは実に薄毛脱毛症の原因の90%以上を占めると言われていますが、
女性と男性の薄毛の多さの違いを見れば、男性ホルモンが薄毛にどれほど
影響があるのかがよく理解できます。



※近年の女性の薄毛増加の原因も、女性の社会進出による過度のストレス
によって血中のDHTの濃度が上がったことが理由と言われています。




育毛成功させる上で最大の障害とも言えるDHT(活性型男性ホルモン)を、
いかに制御するかが発毛へのキモです。




DHTとは5αリダクターゼによってテストステロンが変換された、
強力な脱毛作用のある活性型男性ホルモンであることが判明して
いる以上、5αリダクターゼの活性を抑制しなくてはなりません。




臨床医学から誕生した飲むヘアケアは5αリダクターゼの活性を抑制します。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。